クライアントパートナー 堀内和人 (土地コンシェルジュ)

スタッフ紹介

クライアントパートナー 堀内和人 (土地コンシェルジュ)

本音の部分でおつきあいができる幸せ 

2010年に岸和田スタジオのスタッフになるまで、不動産全般にわたって営業の仕事をしていました。その時にずっと違和感をもっていたのが、“お客様は本当に望んでいる家を、手に入れることができているのだろうか”ということでした。自由設計を謳っている住宅会社でも、お客様はいくつかのパターンから選ぶやり方がほとんどで、本当に好きなようにしようと思えばオプション代金を払わなくてはなりません。結局、メーカーがつくらせたい家を、お客様がさも自分で建てたかのように、我々が誘導しているだけではないのか、そんな忸怩たる思いをいつも抱えていました。自分はお客様を誘導するようなテクニックを身に着けたいのではなくて、一緒に家づくりをしたい、感動を共にしたいという思いでこの仕事を選んだのに、実際にやっていることは違う。もう一度はじめからやり直してみたい。そんな思いでいっぱいになった頃、幸運なことに岸和田スタジオに出会うことができたのです。

 

岸和田スタジオでは、建築家と建てるメリット、デメリットを最初にはっきりとご説明しています。メリットは言うまでもなく、世界でたった一つの家、しかも建築家という専門家がクライアントの個性やライフスタイルを考慮して建てた家が手に入る、ということです。反対にデメリットとしては、時間がかかること、大量生産の家に比べて割高であることが挙げられます。また、建築家や私たちと話していく過程で、お客様が本当に求めておられることを突き詰めていきますので、そこまでエネルギーを使いたくない、そこそこの家でいいとおっしゃる方には、建築家との家づくりよりもハウスメーカーなどの家づくりが向いていると思われます。


 

 

 

 

 

 

 

岸和田スタジオに来て、お客様と話すのが楽しくなりました。本音で話せるって、じつに気持ちのいいものですね。これからもお客様と感動を共有できるよう、一生懸命努めたいと思います。

 

 

ページTOPへ